Top > くらし > 配偶者ビザという難題をクリアしてくれたのはプロ

配偶者ビザという難題をクリアしてくれたのはプロ

日本国籍を有する人がドイツの配偶者ビザを取得する場合、現在はそのままビザなしでドイツへ入国したあと、滞在許可を取得することができます。

申請書は本人が直接行うことになります。ビザ発行の申請書、誓約書やパスポートの写しなどの必要書類を整えて、居住予定地の外国人局に送付し、1~3か月くらいで許可が下りてきます。その後大使館か総領事館にビザ申請すると滞在許可が発給されます。滞在許可が下りたら速やかに大使館に外国人登録する必要があります。
日本の配偶者ビザを取得するのはもっと大変だという専らの噂なので、この場合は素直に行政書士さんにお願いすると旦那は言っております。

くらし

関連エントリー
国際結婚手続きをベトナムで遂行し失敗した件配偶者ビザという難題をクリアしてくれたのはプロ帰化申請を東京で行うポイント
カテゴリー
更新履歴
中古車を売る事についてはA16(2019年5月 5日)
簡単に見切りをつけないでA15(2019年5月 5日)
お願いする時の見積もりの値段A13(2019年5月 5日)
大手ショップの見積もりが十分A12(2019年5月 5日)
最初に提示された下取りの値段A10(2019年5月 5日)